在宅医療の普及に向けてリーフレットを作成、厚労省

厚労省から、在宅医療の普及へのリーフレットを作成。

厚生労働省は4月18日に「在宅医療に関する普及・啓発リーフレット」(「在宅医療をご存知ですか?」リーフレット)を公表しました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000061944.html
以上からダウンロードが可能です。

在宅医療がなかなか普及が進まないということへの

対策の一つだと思われます。

極端な話、施設が空いているなら、高齢者には

施設に入って欲しいというのが

家族の気持ちだと思われます。

先日NHKで放送された「大往生」という

番組では自宅で亡くなる高齢者も方も

確かにいました。しかし、103歳の

母親の面倒をみる、77歳の息子夫婦

の疲労はかなりのものでした。

そうなってくると、施設が空いているなら

出来れば施設へというのが家族の気持ちに

なってきます。笛吹けど踊らずの現状は

施設の空きが多い、地方での実情では

無いでしょうか。施設に払うだけの

余裕があれば、施設に入ってもらうのが

最も、家族にとっても本人にとっても

今の現実となっているようです。

国民への在宅医療の普及に向けリーフレットを作成、自治体・医療機関等でカスタマイズ可能―厚労省

https://www.medwatch.jp/?p=26009

患者さんから見ると、かかりつけ医師、薬剤師の見つけ方がわからない?

こんな患者さん大歓迎! 医療者の本気を引き出す患者の特徴とは?

かかりつけ医療を受ける患者サイドの

問題も確かにあるが・・・

かかりつけ医療と一言で言っても

様々な形があります。

テレビに取り上げられる医師が

優秀な医師に見えるのか?

果たして、自分が普段から

懇意にしている医師がかかりつけ医師に

なるのか?

その形は様々です。

現在、医療行政ではかかりつけ医療として

近隣のクリニックをその一つの形として

推進しようとしているようです。

勝手にいきなり、大病院に行くな。

という意味合いがあるのでしょう。

ただし、このような記事の

最後のほうにある、内容は医師側、

患者側の双方の情報の共有が足らない

部分もあるでしょう。

個人的には、ずっと、風邪だと思って

いたものが喉が悪いと判明したのは

つい数年前のことです。それまで、何年も

胃腸科の内科に行っていて、普通に風邪と

診断されていました。しかし、実際は

喉だった。このようなことは多分、多くの

人に思い当たることだと思います。

医師も、万能ではない。患者も任せきりでは

なく、自分で自分の病気や症例を知る

努力が必要な時代です。幸いなことに

ネット検索すれば、ある程度、症例に合わせて

病名が出てきます。また、薬まで知ることが

出来る時代になりました。医療者も、患者も

十分な知識を持って自分の体のことを

わかって向き合う時代になったということ

でしょう。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/risounokanja?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter

医師と、家族が対話するカフェが富山で開催されました。

「遺志の聞き方・伝え方」をテーマに

前もって「最期」考えよう 富山市民病院桶口医師ら県内3地区で交流カフェ

地方でも様々な取り組みが始まっているようです。

死は、誰にでも身近にあることです。

自分、家族、友人、いずれは訪れることです。

しかし、それが準備がなく訪れた場合の

ことは予期しない。

あるいは、準備不足で、後悔が残ることになる。

何とか、家族、周囲の人に後悔が無い状態で

迎えることが重要です。

医師という、それぞれの人にとって重大な

局面に立ち会う人がこのようなことに向き合う

ことで、一般の人にもたくさんの勉強の機会が

得られます。個人情報等の問題もあって、

なかなか、すべての情報が共有できない時代ですが

やはり、市井の人が出会えない場面を多数経験して

いる医師が同じテーブルで語る事には重みがあるのでは

無いでしょうか。重要な場を与えて頂くことに

感謝します。

https://www.m3.com/news/general/666447?portalId=mailmag&mmp=LZ190320&mc.l=411819728

500床以上の大病院や3次救急病院で「収入増」となっている現実は?

500床以上の大病院や3次救急病院で「収入増」の度合いが大きい

「500床以上の大規模病院」「3次救急病院」では収入増の度合いが大きいが、

一方で「医療資源の少ない地域」では増加の度合いが小さい―。

2018年度の診療報酬改定で病院経営に

変化が起きいるようです。

本来は、行政の意図では、大病院の経営は

息詰まるかという立ち位置だった気がします。

しかし、ここにきて、500床以上の病院経営が

上向いているということは救済措置に入った

のか、あるいは、予想外に診療報酬の成果が

出過ぎたのか?それは次回の改定結果を見ないと

わからないと思います。

しかしながら、確かに、大病院は地域のインフラの

役目があります。それを簡単に、医療費が圧迫しているからと

いって簡単に削減すると、地域医療に差しさわりが出ます。

それの揺り戻しだったのかもしれません。

確かに、一度潰して再度立ち上げるより、今あるものを

修正して、運営したほうが効率はいいはずです。

いい方向か、どうかは次回の改定と、今後1年間の

収益がどうなるかを見守りたいです。

https://www.medwatch.jp/?p=25462

日本の医療機関の水準にバラツキ

日本の医療機関の外人対応の遅れが目立つようです。

「日本の医療水準にばらつき」

現在、多くの外国人が日本に居住しています。

そして、健康保険を持ち病院へも行きます。

そして、安価で素晴らしい医療を受けています。

一つだけ足りないのは、やはり、言語の壁

でしょうか?

今や、ポケトークという通訳機が存在しています。

多くの言語に対応しています。

せめて、東京オリンピックの際は、このような

機器を都内の、医療機関に配備することが

必要な気もします。

そうすればさらに、観光立国としての地位も

向上していくでしょう。いずれ少子化の

歯止めにもなるでしょう。

https://mainichi.jp/articles/20190221/k00/00m/030/079000c

調剤薬局に、自動化の波が押し寄せる・・・

調剤薬局にも、自動化の波・・・

これから、

このような流れがどんどん加速していくはずです。

現状、私たちが、調剤薬局に行って

何か違いがあるかと言われても正直見つけられません。

調剤薬局はどこでも同じ、近いかどうかだけです。

そのような仕事がどんどん、

ロボットや、自動化に置き換わっていきます。

行政も、もちろんですが、経営陣も

どんどん手を打っていかないと間に合わないということです。

トモズ/調剤オペレーション自動化の実証実験開始

LINEとM3の提携が決まったようです。

待ち時間なし自宅でスマホ診療、処方薬は宅配

いい方向に向かってくれればいいなという気がします。

しかしながら、こちらの記事からは何も

読み取れない。

オンライン診療を行いましょう。進めましょう。

ということでしょうか。

おそらく、両方の企業に、現場での活用の

イメージが、あまりないからなのか?

あるいは、聞き手に知識がないからなのかは

不明です。

当然、LINEで問診して、薬が自宅に届けば

これほどいいことは無いです。大きな時間の

節約になります。しかし、それをやることで

困る医師もいるし、患者さんもできない人も

大勢いるでしょう。そして、診療報酬はどうなるのか?

一つのクリニックにばかり患者が集まるのではないか?

診断違いの場合はだれが責任を取るのか?

数え上げればきりがないくらいの課題があります。

ビジネスが収益化するまでに多くの乗り越えるべき

課題があります。ゴールさえも見えていない

ものを目新しさだけで飛びつくことはマスコミ、

あるいは記者の言葉遊びでしかないと思います。

オンライン診療の様々な事例が広告されているようです。

合理的なオンライン診療が頻繁に、まだオンライン診療指針の改善等で対応

新しいことが始まるときには

多くの混乱が起こります。

最近はは、仮想通貨の時。

インターネットが始まったとき。

SNSが盛んになったとき。

いられも、社会問題化して

それに対する法律や、対応策

がたられ、次第に収束に向う

という流れです。

しし、ここで気を付けないと

行かないことは、いずれの流れも

社会問題は起きても、決めて

止まることは無いということ。

そうです。世の中で、問題に

ならないだけで、流れは止められない

ということです。

社会が向っているオンライン診療の

流れはもう、止まることは無いです。

ここから目を離すのではなく、注意を

払って実行していく準備を怠けない

ことが極めて重要です。

https://www.medwatch.jp/?p=24512

急性期病院の経営環境が益々厳しくなっている。

2015年以降、病院が新規患者獲得に苦労し病床利用率が低下傾向

厚生労働省が1月17日に公表した2018年9月分の病院報告から分かりました。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/byouin/m18/dl/1809kekka.pdf

医療費が日本の財政を圧迫しています。

それに伴って、医療費のかかる重症患者への

医療費もどんどん削減されています。

結果、外来患者、病床利用率ともに

大きく下げています。

病床稼働率が70%なんて常に30%は

空床ということです。

20%は明らかに過剰なのでしょう。

必然的に次に起こるのは、

急性期病床のさらなる削減です。

看護師、医師も、段階的に急性期医療から

かかりつけ医療にシフトする、せざるを得ない

ようになります。

個人的には、どちらも正しいと思います。

今までが医療費をかけすぎていたのか?

これからが異常なのかはわかりません。

ただし、異常な金融緩和で、株高の

割には、経済状態は良くないという

のは肌で感じます。

ただ、内向きな形はよくない。

外人さんが今年からたくさん来ることも

若い人のように前向きにとらえる

べきだと思います。

https://www.medwatch.jp/?p=24442

ここに本文を入れます。

看護師不足が叫ばれて時間が経ちました

訪問看護ステーションや病院で看護師不足

求人倍率は、

▼訪問看護ステーション:3.78倍

▼20-199床の病院:2.55倍

▼200-499床の病院:2.02倍

▼500床以上の病院:1.72倍

▼特別養護老人ホーム:1.67倍―などで高く(つまり看護師が不足している)、

逆に

▼助産所:0.04倍

▼在宅介護支援センター:0.15倍

▼都道府県・保健所:0.16倍―などで低く(つまり看護師が充足している)

これはいったい、どうしたのでしょうか?

同じ看護師という職業でありながら

かなり、求人倍率に差があります。

簡単にいうと、ある程度時間に正確で

きっちり終わる仕事は充足して、

足りないのは体力的にきつくて、時間の

超過がちな勤務先であるということが

示されています。

人間ですからそれはそうです。

行政側もこれが判明しているなら、きつい

業態には、手当てを厚めにしていくしか

方法はないのではないでしょうか。

国の予算で賄われているわけですから

すぐに動くべきだと思います。

https://www.medwatch.jp/?p=24379

ここに本文を入れます。

Posts navigation

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Scroll to top