かかりつけ医療研究塾 第4回 開催決定!

かかりつけ医療研究塾 第4回 開催

<日 時>

2019年11月30日(土)15時~

<場 所>

医療法人社団 三育会本部 1階 会議室

東京都新宿区大久保2-11-15 大林ビル

Google MAP⇨

参加申し込みはコチラ⇨


 

病医院経営者様、経営幹部の方へ

とお感じのことはございませんか?

以下は、厚生労働省が調査した、入院患者、外来患者の概況のグラフです。

入院・外来いずれも、どの年代でも2008年をピークに大きく減少していることがわかります。

しかしながら、この現実を逆手にとって、外来・在宅患者・紹介患者さんを大きく増やしている病医院が存在することも事実です。

もし“かかりつけ医療”を理解し、実行に移すことで外来・入院患者さんが喜び、職員が笑顔になり、地域からも感謝される。また、最終的には収入も増加する方法があるとしたらいかがでしょうか?

 

かかりつけ医療研究塾第4回”の第1部は、株式会社日医リースの戦略事業部 杉山正徳室長に医療IoTについてお話いただきます。レセコンからの診療所の経営分析、WEB患者予約システム、セルフレジシステム、クレジットカード決済システム、ICカード職員勤怠管理などを利用することで、患者・職員満足度を向上させる取り組みを長年行ってきました。日常生活で、使われる技術は診療所にも応用されます。一歩進んだ診療所経営を進めて行くためにも、今回のお話は、貴重な機会となります。また、今回は特別に、レセコンから瞬時にクリニックの経営を定量化・可視化することが出来るCLINIC BOARDについての解説もして頂けます。


杉山 正徳 室長

株式会社日医リースの戦略事業部

新患数などを瞬時に分析することが出来る。


また、第2部では、BiPSEE、代表取締役CEOである松村雅代医師に医療VR,ARをいかに外来診療に取り入れていくことが出来るかをご説明いただきます。

松村 雅代:

株式会社BiPSEE 代表取締役, CEO 松村 雅代, MBA, MD

心療内科医師。

筑波大学卒業後、㈱リクルートを経て、Case Western Reserve University (Cleveland, OH, USA)へ留学しMBA(経営学修士号)を取得(医療経営学専攻)。

米国医療系ITベンチャーSkila Inc. Skila Japan代表等を経て、2002年岡山大学医学部医学科に学士編入し、2006年医師国家資格を取得。

岡山大学病院 総合診療内科・横浜労災病院 心療内科にて心療内科専門研修を修了。

臨床と並行し、㈱NTTデータ等で産業医を務める。

現在も1回/週、都内の医療機関で心療内科外来を担当している。

[専門資格等]

日本内科学会認定医

日本心療内科学会認定登録医

労働衛生コンサルタント(保健衛生)


講師:松村 雅代 医師

BiPSEE 代表取締役CEO


また、第3部では“かかりつけ医療研究塾”発起人である、新宿ヒロクリニック(⇨リンク)英裕雄院長が、

“かかりつけ医療”を実行に移すためのグループワーク”を参加者の方と共有して頂きます。


講師:英 裕雄(はなぶさ ひろお)

1986年 慶応義塾大学商学部 卒業

1993年 千葉大学医学部 卒業

浦和市立病院(現さいたま市立病院)にて研修

1996年 曙橋内科クリニック 開業

1999年 医療法人曙光会理事長 就任

2001年 新宿ヒロクリニック 開業

医療法人社団三育会理事長 就任


前回の“かかりつけ医療研究塾第3回”では、多くの、かかりつけ医療研究を実行している、クリニックの院長先生と職員の方々が参加されました。

今回はそのグループワークの中で、最も多かった課題について、それぞれの方の、ご意見を聞きながら、解決方法を探る取り組みを行っていく予定です。

今回、主に、議題となるのは以下の項目です。

かかりつけ医療研究塾第3回の模様

<かかりつけ医療研究塾 第4回の主な内容>

これまでの、かかりつけ研究塾で行ってきた課題を元に以下のテーマを中心にディスカッションを行います。

単独型の、診療所・クリニックがいかにして、24時間体制を維持できるか?

医院同士の連携をどうやって強化していくことが出来るのか?

事前に提出いただいた、質問・課題に対して解決策を探っていきます。

 

以上は、内容のほんの一部です。

今回は、かかりつけ医療研究塾第4回として、お互いが多忙を極める中で、多くの“かかりつけ医療”に共感できる病医院の方の懇親の場も設けております。

“かかりつけ医療研究塾 第4回”に是非ご期待下さい。

また、今回の研究塾は、公益財団法人医業経営コンサルタント協会認定コンサルタントが、開催・運営した“在宅医療医師養成講座”から数えてすでに6年以上の実績を持ちます。

延べ参加医師数は400人を超え、病院関係者も1000人以上が視聴し、加えて在宅医療助成勇美記念財団の助成を受けた実績もございます。

まずは、“かかりつけ医療研究塾”第4回にご参加いただきますようお願い申し上げます。

参加方法は大変、簡単です。

専用申し込みフォームからWEB申し込みをいただく、若しくはお申込み用紙に必要事項を記入してFAXしていただくだけです。

お申込みいただけました方には、参加票を送付させていただきます。

また、当日は、懇親会も会場近隣にて開催させていただき、参加者の交流を深める場を設けさせて頂きます。

お時間の確保が可能な方はぜひ、足をお運びください。

かかりつけ医療研究塾 事務局

五十嵐 淳哉 拝


 

追伸、今回は病院医院関係者様向けに優先的にお席を確保させて頂きました。『かかりつけ医療研究塾』第4回は会場の都合上、先着40名様となります。満席の場合は、ご了承いただきますよう、お願い申しあげます。

かかりつけ医療研究塾 第4回

申し込み期限 2019年11月22日(金)

返送先FAX 03-6903-6821

■  2019年11月30日(土)15:00~ 

 *懇親会あり(会費5,000円)

 『かかりつけ医療研究塾』第4回へ参加する。

 場所:医療法人社団 三育会本部 1階 会議室

 東京都新宿区大久保2-11-15 大林ビル





参加費用 (必須)

追加で呼ばれる方のお名前、所属、資格、人数を記載お願いします。(必須)

お名前 (必須)

勤務先名 (必須)

専門名 (必須)

資 格 (必須)
医師病医院幹部看護師その他

住 所 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ファックス番号

*席数が限られています。お早目の、お申し込みをお待ちしております。

★ご返信先FAX番号(24時間365日自動受付): 

医業経営データバンク    FAX 03-6903-6821

お問い合わせ、質問はこちらでもお受けします。

0120-919-776(通話料無料)

ホームページ:http://hospitallifeplan.com

メールアドレスinfo@hospitallifeplan.com       担当:五十嵐

<開催日時>

2019年11月30日(土)15:00~

*懇親会あり(会費5,000円)*

*参加は医療従事者限定となります*
*懇親会のみの参加はできません*

<場 所>

医療法人社団 三育会本部 1階 会議室

東京都新宿区大久保2-11-15 大林ビル ⇨MAP


 

☚【こちらのQRコードをお手持ちのスマホで読み取って、お申込みいただくことが可能です。】